行政書士の業務内容について

行政書士とは法律に基づいて省庁や警察署といった行政機関に提出する書類の作成や作成の相談に応ずる職業で、業務内容で作成している書類には法律関係の権利義務や事実証明も含まれています。行政書士が業務内容で作成できる書類は行政書士法以外の法律で制限されているものを除いても数千種類存在し、具体的なものとしていくつかあげると行政機関関係では許認可の申請書および添付書類、権利義務関係では民間企業や個人間で交わされる契約書などの法的書類、遺産分割協議書、示談書、嘆願書、始末書があり、事実証明関係では実地調査に基づく位置図や案内図などの図面、会計帳簿、申述書があります。いずれの書類も手続きおよび作成・提出は行政書士が代理で行うことが可能です。

レーザー脱毛 大阪

ネイル 名古屋

不動産 巣鴨

中国語 名古屋

横浜 山手 不動産

最新投稿